読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てごてごな日々。

三度の飯よりゆうや

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND @大阪 大阪城ホール 5月7日 1部 MCレポ

小「はいど~も~楽しんでますか~?金髪は見えてますか~?」
手「おーけーナイス―!」
小「赤髪見えてますか~?」
手「ふおおーー」
小「シゲちゃん見えてますか~?」
加「はいどうもー」
小「一重は見えてますか~?最近二重になりました」
手「ある意味成長ですな~」
小「じゃあMCなので座ってください」
手「なるほど座っていいんでしょうか~」
小「繰り返すだけの雑なやつやめましょう」
手「繰り返すだけの雑なやつ…」
小「それを繰り返してるから」
手「可愛いお尻で座っていただいて♡」
小「小さい子も来ていただいて」
増「小さい子から小さくない子まで」
手「メンズも多いしね」
加「メンズ多いね!」
小「メンズで一回声出しとく?メンズー!」
増「はいはいはい!!
小「メンズだわ、どメンズだわ
増「うるせえな。何言ってんだよ。煽り方がへたくそなんだよ」
小「もっかい!メンズ!メンズで手越って言って?」

\手越ー!!/

手「いいね// 中学高校に戻った気分」

小「立見席の方は空気椅子の方で」
手「小山さんの膝の上でよければどうぞ」
小「ちょんちょんなんつってね」
手「あとで楽屋でお待ちしてますよーなんて言っちゃって、ちょんちょんぷいーって行っちゃいますからあ小山さん」
小「今日も元気でございます。さあ脱ぎますか?」
手「これかーわいいんだけど暑いんだあ」
小「今までなんだかんだ衣装触れてなかったじゃん?」
増「ランウェイ的な。おい何で持ってんだよ」ゆうやが衣装脱いで片手で持ってる
手「え?釣り釣り♡」
増「着なさいよちょっと」
手「着るの?まじ?」
小「それで手越ランウェイして来いって。BGMは自分でやって」
加「大阪手越コレクションね
小「テーゴ―シー
増「それこそTGCみたい
手「おけーおけえー!いきましょう!大阪でも出しちゃおうかな~~何度ここへ来てたって♪大阪に住まへんかとは言わないしアッフ―!!」←チャラめww ドリカムの大阪LOVER歌いながら縦花を少しだけ歩く。
加「そんなチャラくないよ」
手「違いましたあ?でも好きやねん大阪は誰でも好きだよねみんな東京の人も好き」
増「あのごめんなさい衣装の方に触れてほしかったww」
小「全然衣装入ってこなかったわ」
手「でもほんとにパリコレとかに出てそうな感じよね」
増「まだパリではやってないけど東京で」
手「なるほど~東京ボーイズコレクションの方で。大阪もあるの?何とかコレクション。難波コレクション?」
小「ちょっと難波コレクションは苦笑いだねww」
加「なんコレ?」
増「なんぼのもんや的なやつでしょ」
小「関西セレクション…コレクションww」
増「神戸コレクションはあるよね」
小「神戸コレクション関西コレクション、でテーゴーシー」
手「そうそうそうそう。気持ちいいよね、ランウェイは歩いたことないからさ。ある?」
増「どうしていいか分からないよね」
小「でもまっすーかっこいいよ?」ポージングしてみるまっすーだけどお相撲さんみたい
手「来年は大関目指そうな。いや~しかし稀勢の里強いね~」
コヤシゲ「いいんだよお~~」
小「そういう派生のMCじゃないのよ。でもまっすーはそういうコレクションみたいなの一回出てほしいよね」
手「ファッション大好き増田貴久から見てのこの人かっけえなって人はいるの?」
増「ドン小西さんとかすごいし植松さんは仲いい」
手「やっぱドンなんだ
小「だって今まで作った衣装とか並べたら結構いくでしょ」
増「まっすーの個展みたいなやつね」
手「リリースのときとか俺らの衣装津々浦々転々としたことあったよね。大阪は絶対あるでしょ」
増「衣装展みたいなのあったら来てくれます?俺らはいないのよ」
小「中で混じっとこうよ!」
加「マネキンかと思いきや」
増「今日は長く着てくれてありがとう♡」
手「いや~大阪ですよこれはこれは大阪ですね」
加「話すことないんですかw」
手「大阪はさ昨日も暑くて今日も暑いじゃない。このままいくと8月には50度くらいになるんじゃないかな~シゲさん」
加「そうなると12月には80度くらいになりますかね~」
手「なるほど~二桁は勘弁してください!こんな感じでよろしいでしょうか」
小「何で気温上がってんだよ」

手「昨日さみんなで飯食いに行ったのよ四人で和食屋に。来年NEWSリアルに15周年だからこんなことやりたいねっていうアイデアをそれぞれ出し合ってきたよって報告だけしとくね?
小「結構深く話し合ったよね」
手「やっぱ他のグループだとできないなってことやりたいよね」
小「でも今来てくれてるみなさんは15周年一緒にお祝いしてくれるでしょ?だから今年の9月15日からはイヤーに入るんだよね」
増「いつから数えるんですかあ~?」
小「結成日があったりCD発売日があったり」
加「てかあれがもう5年前って早いねー」
増「でも10周年のライブも当日じゃなかった気がしたんだけど違ったっけ?」
加「でも配信とかやったよね愛言葉の」
小「NEWSでもう一段階いい景色を見たいね」
増「NEWS4人で24時間テレビもできますしね~」
小「おいっ!代表して行ってくるよ」
増「2年連続ってあんまいないでしょ?」
手「ちょっとよさこいだけ参加させて
小「よさこいもっかいやる!?よさこいよかったね~」
手「感動した久しぶりに俺あんなに感動した。たまに子供たちからもらった日記とか今日辛かったーみたいな本音が書いてある日記をもらったんですけど、やっぱりいまだに見るもんね。かわいかったなー楽しかったななんか」
小「かなり練習したじゃん」
加「カチャカチャね。なんて言うんだっけ
小「カチャカチャ?あれなんだっけ鳴子?」
手「なると?ああくるくる目が回ってるやつか
小「目は回ってないからwwマイ鳴子があったもんね」
手「聞いたなーあの一か月いきものがかり
小「いきものがかりって元気出るね。俺ソイヤーしたじゃん。ソイヤー緊張半端ないよ
手「みんなリアルに24時間ずーーっと見てましたって人?」
加「いや全員見たでしょ?」
増「逆に今手挙げてない人ちょっと覚えとけよ
加「寝てんじゃねえよ!
増「ハハハハハッ」
手「深夜は寝たかな」
加「体調壊しちゃうからね」

手「今年は何やるんだろうね」
小「だから歌よ、嵐さんの歌ある、KAT-TUNの歌ある、NEWSの歌あるから」
手「何歌いに行くかね~紅く燃ゆる太陽でもいっちゃう?」
加「Let's go to tha planetsじゃない?」
手「あ~」
加「Stand Upかな」
増「IZANAIZUKIとか合いそうだよね」
加「ゲラウェイつって!?出てけつって
手「出てけ!
小「お前ら出てけって?wwwでも全員ステージに立って12人」
手「全員がステージ上がるってあるのかな」
小「あったらいいよね面白いよね。全員でLove so sweet」
手「そこはプライド持って行こうよ。いや普通に考えたら嵐の曲になっちゃうよ。そこはもう気合い入れてぶつかっていってよ」←凄い力強い握りこぶしw
増「そこ戦うとこなの?w
手「いやせっかくなら嵐のみなさんKAT-TUNのみなさんにもNEWSの曲歌ってほしいじゃない。だから尺の問題でもし一曲だけってなった場合、やっぱ人数的にも小山さん!負けてくるんじゃないよ!プライド持って戦えよ!NEWSというプライドを!
小「いやそれでKeep the faithになったらごめんねww
加「No No No~♪」
手「ダッツダッツダッツ♪あれかっこいいわ。有名な人作ってるよね?」
加「氷室さんじゃない」
手「氷室さんそりゃかっけえわ」
増「有名な人が作ってるやつは知ってんだ」
手「Real Faceは松本さんでしょ。どうなのB'z好きとしては」

増「やばいでしょ。俺はロックとかゴリゴリのヒップホップとかを聞いて小さいころから。だけど俺の口から出てくる歌は優しめっていう」
手「ロックでもまろやかロックだ」
増「シャウト系を聞いて手越と似た道だった」
手「X、ラルクGLAYはもう~~」
増「手越とお互いJr.のころにカラオケ行って手越が普通にX JAPANから入れてさ」
手「Forever Loveとか紅とか」
増「紅だあああああ!を
加「カラオケで!?」
増「しかもあの原キーで出る男の子って初めて会った。未だに会ったことない」
小「衝撃だったんだ。残ってるんだね」
増「だからやべえ奴来たって
小「カラオケで紅だああって言うの?」
手「言ってた言ってた。」
増「普通下げるよね」
加「普通に入れたら下がってるじゃん」
手「うんだから原キーボタン押してるよ」
コヤシゲ「すげえなあ」
手「行ったな~あんとき歌わしてもらえる場がなかったからカラオケしかなかったのよ」

増「アーティストの方に楽曲提供してもらえるって嬉しいよね」
小「GReeeeNさんがさまだそんなに知ってるか知らないかくらいのときにさ」
増「黄緑くらい…」
小「グリーンだからね?」
加「ちょっとわかりずらかった」
小「そんときWeeeekをいただいて。俺は知らなかった」
手「愛唄とか」
加「キセキの前」
増「俺全然知ってたよ」
小「なんでeいっぱいあるんだろうって思って。何て読むんだろう。いいい?
増「初めWeeeekってさ普通にe二個だったの。」
加「だから増やそうぜって」
増「デモで来て増やそうぜって言ったら当時のプロデューサーがもう考えてるからって。ですよね~って」
加「それから人気になってもさ今回もU R not alone。さっきのBrightestとかもさあ」
小「M-floだよ?あとはヒルクライム
加「今までで言うとね」
増「言ってったら言わない人とか出てきちゃうから!」
手「この先じゃあ誰にやってほしいとか。みんなもあるだろうね!」
加「やっぱ西野カナじゃない?」
小「震えんの?
加「NEWSのトリセツ書いてもらおうよ!」
小「まっすー番組で歌ってたじゃん!」
加「ちょっと面白そうじゃない?それこそドリカムさんとか」
小「キンキさんやってるか」
手「俺ずっと野望はミスチルの桜井さんに書いてほしい。サッカーチームのツートップのテゴサクだからさ」
小「テゴサク!?そこでマスを一回外して」
手「4.4.2の2なのよ。4.4.2ってサッカーのフォーメーションで…」
小「いい!!」
増「キーパー4人?」
手「いないっすそんなに」
小「終わって食事行ったりとかどうっすかね~っていう会話ないの」
手「本気だったらマジで頼む。楽興を提供したことってほぼないんじゃない?台湾とかはあるけど」
増「有名な~あの~加藤さん」
手「あ~あれだ。あやめを書いてらっしゃる」
加「あやめで思い出したわ~リハーサルでお前ら~今日のリハーサルひどかったぞ」
増「なんだよお
手「どうした。なんだよお
増「ちゃんと説明しろよ
加「俺がすんだ!?音合わせで何歌う?ってなって毎回気分で言うんだけど手越さんが開口一番に『あやめで』って。お前歌ってねえだろ!?そしたらいいねってなって。そしたら3人が真ん中で寝ころびだしてwwwシゲの世界観を。好きなのはうれしいんだけど昨日もご飯食べながら『そんなのいらねえ食ってやらあ』とか『飲んでやらあ』とかそんなチャラい歌じゃねえんだよ!」
手「トイレ入るときに人が入ってたからノックノックノックって
小「あの歌便利ね~」
加「便利って人の歌を」
手「だって歌詞にほぼ全部入ってるってすごくない?」
加「ほぼ入ってるって言うわりには音合わせのとき歌詞間違えてただろ」
手「いやハモ入れたりコーラス入れたり」
加「ハモってるんじゃねえよ!
小「ゴッホがなんちゃら言うじゃない」
手「Bメロかなんかであるじゃん。Ha Ha~♪って。あそこもすごい素敵だしさ。ね、ピカソよりゴッホより」
加「それ違うんだよおww」
小「それだけ好きなのよお3人は」
手「シゲ好き」
加「俺が書いたら歌ってくれる?」
増「いやいやよかったらって感じですよ」
手「それこそ愛言葉とかさツアーのホテルでシゲと曲のライン作ってた」
加「作ったんだけど3つくらいあってそのとき唯一手越が書いたやつが選ばれたの」
小「なんか毒あるな~今の言い方」
加「だから俺の作るやつはそんなに好きじゃないのかなって思ったのよ」
テゴマスコヤ「そんなことないよお~」
増「次は『手越も描けないほどの♪』」←あやめww
小「曲書いてやらあ!1.2.3.4!wwwみんなも何かやる前に1.2.3.4ってやってね」

~汽車の音~

小「よしみんな、電車に乗ってやらあ」
手「乗ってやらあ」
小「1.2.3.4!間に合ってない乗れてない」
手「あやめ好きだわ~」
手「すみません寿司ってどこですかあ~?」
加「心斎橋どちらですかあ~?」
小「タクシーじゃないんだから」